トップページ > プロジェクト概要

プロジェクト概要

本プログラムについて

本プログラムは、千葉県下三大学が連携し、社会の高度化した要請に応えることのできる薬剤師の養成を行う取組みである。現在薬剤師の関与が強く望まれている職務である A)放射性医薬品調製・管理業務、B)病棟活動における専門職連携、C)救急災害時医療活動、D)在宅医療での薬剤管理指導、E)違法薬物、医薬品適正使用、ドーピングの知識普及・啓発活動について、アクティブ・ラーニングを取り入れた実践社会薬学教育プログラムを三大学が協働して作成する。更に本プログラムを三大学が特徴的に有する教育プログラムと融合し、千葉県薬剤師会、千葉県病院薬剤師会、医薬品適正使用推進機構等との連携の下、社会の要請に対して主体的に学び社会へ還元できる薬剤師教育を行う。

本プログラムについて

大学間連携の戦略と連携取組の趣旨・目的

薬剤師教育の充実を図る目的で薬学教育に6年制が導入され、平成24年には初めての卒業生を送り出した。本制度により病院薬剤部や薬剤科等と保険調剤薬局における実務実習の充実が図られ、薬剤師としての基本的な知識、技能、態度を修得した学生の養成という社会の要請に応えてきたが、現代社会においては薬剤師業務の多様化が進み、これに伴い薬剤師に対する社会の要請が高度化している。また、日本経団連などの経済団体や学生を対象とした最近の調査から、大学のステークホルダーである社会の求める人材像と大学が注力している教育とのギャップが指摘されている。こうした状況を鑑み、社会において薬剤師の関与が強く望まれている職務である後述のA)~E)について、学生自ら主体的に学ぶ教育プログラムを大学間連携で構築した。特徴的な教育プログラムを有する3大学、すなわち1) 先端医療を担う千葉大学、2) 災害医療に注力する千葉科学大学、3) 地域医療の再生に取り組む城西国際大学が、千葉県薬剤師会、千葉県病院薬剤師会、NPO法人医薬品適正使用推進機構と連携し、さらに千葉県教育庁、千葉県薬務課等と協働のもと、薬学連携共同教育「実践社会薬学の確立と発展に資する薬剤師養成プログラム -主体的に学び社会へ還元できる薬剤師教育-」事業を展開し、社会の高度化した要請に応えることのできる薬剤師の育成を行う。

連携取組の達成目標・成果

達成目標

千葉県下3薬系学部が連携機関との協働の基に、千葉エリアの薬学・医療問題を的確に学び、問題解決を提案でき"実践社会薬学"の発展に資する薬剤師を年間20人程度、毎年継続して養成する。

成果

これまで薬剤師は病院内や薬局内に閉じこもりがちであったが、業務の傍ら学校薬剤師として活動する薬剤師の側面もある。薬学部教育では環境問題も扱われており、社会と薬学との密接な連携が教育されてきた。しかし教育方法としては、実践的な教育は未だ行われておらず、多くは座学にとどまっている。本プログラムの修了者は地域の医療過疎問題、災害時医療への備え、薬物乱用問題、医薬品の適正使用の啓発、放射性医薬品の調製と品質管理や医療チームにおける他職種連携に積極的に取り組み,地域医療や安全教育に積極的に貢献する人材となることが期待される。この様な人材が約20人/年、毎年継続的に養成できれば千葉県の地域医療および福祉の向上や健康で安全な生活の確保に資するものと期待できる。また、千葉県下には更に3校の薬系大学が有り、本連携プログラムで培った実践社会薬学のノウハウや開発した教材を普及することにより、更に多くの薬学生が実践社会薬学を学び体験し、社会に向けて実践する薬剤師が輩出出来るものと期待される。

またそのような薬剤師が社会に巣立っていき、社会薬学を地域の医療、教育現場で実践することにより、地域が抱える新たな問題が検討事項としてフィードバックされる可能性も有り、PDCAサイクルに基づき実践、検討しながら実践社会薬学の発展に貢献するものと期待される。

また本プログラムを実践する課程で正しい医薬品や薬物の知識を学んだ一般の若者たちが、若者の視点で周りの若者に影響を与えることにより、青少年への波及効果が見込まれ、医薬品の適正使用や違法薬物乱用の防止について若者全体の問題意識の向上など意識改革にも大きな効果が期待できる。

大学等間の連携体制と連携取組の実施体制

大学間連携の組織及び役割

本プログラムでは代表校として千葉大学薬学部、連携校として千葉科学大学薬学部及び城西国際大学薬学部がその役割を担い、運営・計画の立案及び実施、単位認定、評価を実施する。千葉3大学連携薬学共同教育の組織として運営委員会、実施委員会、評価委員会を各大学に設置し、以下の役割のもと本プログラムの適正化を図るための運営・実施・評価体制を構築する。

●運営委員会:計画の立案・申請・単位認定
各大学薬学部より学部長及び教務担当教員を含
●実施委員会:計画の実施と運営委員会への報告
各大学における共同教育の実施責任者
●評価委員会:計画・実施・成果に関する内容の評価
連携大学間相互評価者:各大学の運営・実施担当者以外
学外評価者:千葉県薬剤師会、千葉県病院薬剤師会、NPO法人医薬品適正使用推進機構から 外部評価者:千葉県薬務課、千葉県教育庁、さんむ医療センターなどから

共同実践教育の実施体制